【レポ①】お客様宅の片づけ作業

先日、お客様と楽しいランチタイムを過ごしました。


そのお客様というのは、以前お宅の片づけ作業をご依頼いただき、作業させていただいた方です。


作業後、片づけた場所は維持できており、さらにはお客様自身で他の場所も片づけを進められている嬉しい報告をいただきました。


今日はその作業レポを書きたいと思います。


片づけの作業をさせていただいた箇所は

・クローゼット

・ウォークインクローゼット

・リビング・ダイニング

・和室

・玄関収納


でした。

作業期間は約3ヵ月。小さなお子さんがいらっしゃいましたので、無理のないペースで作業は3回に分けて行わせていただきました。


お客様の大きなお困り事は

趣味であるハンドメイドの材料や作品の収納


生地集めが大好きなお客様はたくさんの素敵な生地をお持ちでした。


ただ、その収納方法が分からず、増えていく生地はウォークインクローゼットやクローゼット、そしてリビング・ダイニングへと進出し始め、お困りになりご依頼をいただきました。


お客様より写真の掲載許可をいただきましたので、一部掲載します(転載禁止)。


ウォークインクローゼットの中の様子です。

衣装ケースには収まりきらず、袋やボックスに収納し積み上げている状態でした。

そしてクローゼットの中にも生地を収納されていました↓

また洋服も大好きなお客さま。

クローゼットがうまく使えず、ハンガーラックも別で使われていました。


モノが溢れ、どこにどうしまっていいか分からず悩まれていたので、まずはお客さまの思いを初回のヒアリングで聞かせていただきました。


ヒアリングの中で特に印象的だったのが、

片づけることで暮らしも身なりもちゃんとしたい、そして自信を持ちたい

という思い。


片づけに困り、これがいい!と言われる収納を真似てみたり、でもうまくいかないことも。


そんな自分は片づけができない人間なんだと自信を失い。でも、一緒に片づけてくれる人がいるならできるかもしれないという思いから、ご依頼くださいました。


『片づけ』

楽しいイメージはないですよね!?


けれども、せっかく片づけようという思いを前進させ、さらにはそこから大きな一歩も踏み出してみたいと思われたお客様の大切な気持ちを壊さないために、『片づけ』に対するハードルを下げるところからスタートしました。


後日、お客さまに合わせた片づけプランを提示すると、これなら片づけができるようになるかもと喜ばれていました。


お客さまのやる気スイッチも入ったので、いよいよオーガナイズ(片づけ)作業開始です!


その後の作業の様子をこのまま書きたいところですが、片づけ作業前までの前編として今日はここまでとします!!


後編は次回までのお楽しみということで^^


自分で片づけて見たい!という方はクローゼットの片づけ講座で学ぶことから始めてみませんか?
(来月開催の講座詳細について、HP内の講座のお知らせをご覧くださいね)


Meet the Style

大人styleの暮らしとコーディネイト ライフオーガナイザー®クローゼットオーガナイザー®坂入美里 おしゃれとは自分らしさを出すこと 自分が好きになれる人生の第一歩

0コメント

  • 1000 / 1000