【レポ②】お客様宅の片づけ作業

今日は先日書いたお客様のクローゼットの片づけ作業の続きを。


お客様にとって片づけで一番のお困りの場所は

・ウォークインクローゼット

・クローゼット


趣味であるハンドメイドで使う生地を整理する事ができないことが大きな悩みでした。

生地は主に寝室にあるウォークインクローゼットとクローゼット、そして寝室の中で保管されていました。

洋服も大好きで沢山お持ちで、ウォークインクローゼットとクローゼットの両方に収納されている状態に。


そこで、まず作業の一歩として、洋服から片づける提案を。


洋服はトップス、ボトムス、アウターなどとアイテムごとにまず全て出し、一つ一つ見直していただきました。


日頃どのように洋服を選ばれているかを確認させていただく中、お客様はシーン別で選ばれることが多いようでした。

そこで洋服一つ一つを仕分けていく際にお客様の思うシーンを描いていただき、そのシーンに合わせて服を分けていく作業を。


途中どう着たらいいか分からないという服も出てきます。

着方に迷われたときはコーディネイトのアドバイスをさせていただきます。


提案したコーデを喜んでいただいた時のお客様の笑顔が見れるのも嬉しい限りです。


沢山ある洋服と一つ一つ向きあう中、お客様がその服をどうして買ったのかという話をされていく様子を見て、手元に残された服がこれから万遍なく着れるようになればという思いが募りました。


全ての服、バッグ、小物類の仕分けを終え、いよいよ収納です。

お客様にとって戻しやすい収納を。服が選びやすい収納を。

そこに重点を置き、収納プランをご提案させていただきました。


以前は下記写真のようにご夫婦で使われているタンスが積み上げられていましたが、夫婦で分ける事に。

(写真の掲載許可はいただいています。転載禁止)

【Before】

クローゼット中央柱を境にご夫婦のモノを別々に。

【After】


新しい収納用品は買い足していません。

お持ちだった吊り下げ収納を利用し、部屋着・パジャマ類を収納し、取り出しやすく。


つい、しまうのが面倒でタンスの前に畳んだ服を積み上げてしまうとのことでしたので、目につく場所に収納場所を作り、よく使うアイテムを戻しやすい収納へとしました。


タンスはご夫婦別々で使いやすいように、段を分けて。タンスの中もお客様にとって使いやすい収納へと。


以前、生地の一部をを収めていた場所も↓

【Before】


服を掛ける場所とし。

今着る服が手前側に。オフシーズンの服は奥側へと。

(後日、オフシーズン服には衣装カバーを購入のうえ、掛けていただき目隠しを)


【After】


洋服を畳むことに面倒を感じないお客様でしたが、何となく分けて、しまう収納ではどこに何をしまっていたか分からなくなってしまうので、お客様が迷いなく服を見つけやすいような収納としました。


これで出番を待ち構えていた服たちも、選ばれる日が来ると思います。

せっかく「ここが可愛くて気に入った!」と思い買われた服、出番を多くしてあげたいですね。


今後お客様がコーディネイトを楽しむ様子を想像すると私までワクワクします♬


と、ここまでで洋服の整理は終わったのですが、次は大物の生地たち。

こちらについては次回書きます!

(後編で終わるつもりが、2回では伝えきれませんでした…)


まずは一人で片づけてみたい!という方!

7/6、名古屋にてクローゼットの片づけ講座を開催します。

お申込み受付中です!

セール時期もいよいよスタート。

お得に購入したアイテムを気持ちよく収めていけたらいいですよね♪


Meet the Style

大人styleの暮らしとコーディネイト ライフオーガナイザー®クローゼットオーガナイザー®坂入美里 おしゃれとは自分らしさを出すこと 自分が好きになれる人生の第一歩

0コメント

  • 1000 / 1000