毛玉とりにいい仕事をしてくれそうなブラシ♪

前回ニットの収納について書きました。

今日はニットのお手入れ編を書きたいと思います。


ニットには毛玉問題つきものですね。

お気に入りのニットに毛玉が出来てしまったときの

あの残念なキモチ…


擦れないように気を付けながらも、なかなか防げないですね。


できてしまった毛玉、どのように処理しますか?


私は電動の毛玉クリーナーで今までウィーンウィーン言わせながら取っていました。


出掛けに毛玉が気になってしまい、でももう着替える時間もないというときは

車に持ち込んで...なんてこともありました。


本来ならニットをしまうときにお手入れをしておけばいいはずが。

ニットをいたわる余裕がなかったです。

(引き出しにギュッと押し込めて、おしまいという状態でした...)


でも、クローゼットを整えた今ではニットへの愛情はたっぷり♪

丁寧に扱うキモチが生まれましたよ。


そこでケアを意識したころから、洋服用ブラシが気になり始めました。

ブロガーさんおススメのブラシをまずチェックしたのですが、

1本3千円を超えるもので、いきなり試すのには躊躇するなぁと保留状態でした。


そんなとき、出逢いました‼


ニトリで。

税込¥616。

お試し価格にちょうどいい!と思い購入しました。


両面がブラシになっていて、表裏で用途が分かれていましたよ。

ちゃんと、「毛玉用」「仕上用」と書いてあるので分かり易いですね。

早速、使ってみました。


毛並みに合わせて、軽くブラッシング。

(平らな台などの上に置いて行うのがやり易いです)


取れました!!


ただ、レビューを見ると、ニットとの相性もあるようで。

全てのニットの毛玉を取れるというわけではないかもしれません。


毛玉を取ってから、「仕上用」でブラッシング。

いい感じです^^


試しに毛玉だらけのスウェットをブラッシングしてみたところ、

これまた取れましたぁ!

(洗濯したらどうなるかはまだ確認できていませんが)


お気に入りのモノが生き返る感じ。

嬉しいですね。


そして、ブラシの保管場所はこちら↓

クローゼット内のベルト掛けに空きがあったので、そこへ掛けました。

また、付属の掃除ブラシはアクセサリー収納の隙間にイン。

二つの場所は目につく所なので、使いたいときにすぐ取出せます。


ニットは着たその日にブラッシングする習慣がつきそうです。


以前の私だったら考えられない習慣(笑)

クローゼットを整えると、キモチにゆとりが。

そしてそのゆとりが服を愛するようになっていく。

Meet the Style

大人styleの暮らしとコーディネイト ライフオーガナイザー®クローゼットオーガナイザー®坂入美里 おしゃれとは自分らしさを出すこと 自分が好きになれる人生の第一歩

0コメント

  • 1000 / 1000